キャンドルナイトから繋がる思い出

今年もキャンドルナイトの日が近づいてきました。
この時期になるとキャンドルナイトに向け、
イベントや告知などで電気を消した時間を想像する機会が増えます。
キャンドルナイトを初めて4年目になるのですが、
今年はなぜか、2011年に行われた計画停電の時の事を思い出します。
確かまだ寒い時期、どれくらいの時間停電していたかはもう記憶にありませんが、
いまも鮮明に覚えているのは、とても静かだったという事。
自分の家のみならず、町中の全ての電気が止まったその瞬間、
いままで普通と思っていた家電や灯りなどの電気から発せられる音が一切なくなった静けさ。
こんなに静かなんだな~とその時まだ産まれて数ヶ月だった息子を抱っこしながらしみじみ思ったのでした。
ここまで大きな停電とまではいきませんが、普段当たり前に電気がある暮らしの中で、
ほんの少し特別な時間ともいえるキャンドルナイト。
電気を消して過ごしてみる事で、
いつもとは違う何かに気づいたりする事もあるかも知れませんね。

 
DSCF2333
ご家庭の電気を20時から22時の2時間消し、キャンドルで過ごす。
そうすることで、CO2の量を減らす。
そして、ご家族やお友達とキャンドルの灯りの中、楽しい何かを企画しても良いですね。
CO2が減ることも、みなさんの中でやすらかな時間が出来る事も
どちらも地球にとってはとても平和でやさしい時間となるはずです。

8月1日の夜8時から10時の2時間。
電気を消して、地球にやさしい時間を過ごしてみませんか?

鈴木

 

今年もキャンドルナイトフォトコンテスト開催します。
詳細は下記をご覧ください。
キャンドルナイトフォトコンテスト