健康で快適な室内環境づくりのために「高い気密性能」を追求

 

良い断熱素材で家全体を包んでも「すきま」が多くては快適なお家にはなりません。
住まいには見えない隙間が存在していて、いくら暖房や冷房を行ってもその「すきま」から漏れてしまい、快適な室内環境を保つことがでないのです。

気密性の高さは、快適な住まいにおける重要なポイントになります。
気密性能はC値(相当隙間面積)として数値化されており、数値が小さいほど隙間が少なく、気密性にすぐれていることを示します。

C値とは・・・「どれくらい家にすき間があるのか」を示した数値です。C値が小さいほど家の隙間が少なく、気密性能が高い=高気密な家ということになります。

 

高気密なスーパーウォールパネルで家を包む

スーパーウォールパネルは「硬質ウレタンフォーム」で、小さな硬い泡が独立した気泡となっており、これをギュッと板状にしたもので、湿気を通しにくい構造になっています。
スーパーウォールの家では、高気密住宅の目安となるC値2.0を超える、C値1.0を基準としています。

ピネストでは、このパネルを施工したうえで柱と接合部に丁寧に気密処理することで、C値0.5を実現しています。

LIXIL スーパーウォールパネル

 

ピネストでは全棟 気密測定を実施

「高気密」と謳っている住宅でも、専用の機械で測定をせず気密を疎かに施工してあると、各所から少しづつ空気が出入りしてしまいます。
ピネストでは、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で一棟一棟気密測定を行い、検査結果を「住宅環性能報告書」としてお渡ししております。

気密測定の様子
気密測定結果報告書、性能報告書

■ 第三者による建物検査保証

第三者機関による基礎配筋検査・躯体検査、さらには公的機関または民間業者により中間検査・完了検査の合計4回の建物検査を受けております。

○ 第三者機関:日本住宅保証検査機構(JIO)住宅あんしん保証 ハウスジーメン

 

スーパーウォール壁体内無結露保証35年

断熱材内部の結露による劣化を35年間保証
スーパーウォールパネルに使用している断熱材は、水分を透しにくい硬質ウレタンフォームです。
室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材です。
瑕疵保証(10年間)では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証※します。

※保証対象となる断熱材は、壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォームとなります。