リフォームでの漆喰の塗り方-その1-

こんにちは、鈴木です。
弊社の事務所改装も少しづつですがお陰様で順調に進んでいます。

今回は弊社の事務所の改装の様子を元に、
リフォームで漆喰を塗る手順を写真と共にご紹介します。
漆喰について書いた住まいのむしめがねはこちらをご覧ください⇒住まいのむしめがね【漆喰】

P1000141m
①まずはマスキングテープで養生をしていきます。


P1000143
窓枠もこんな風に養生をします。
養生をすることで漆喰が枠につかない事と、
窓枠や壁などの境目がきれいに仕上がります。

 

②既存の壁紙が浮いているところに漆喰を塗ると剥離してしまう可能性があるため、
しっかりと浮いている部分切り取ります。
P1000154

 

③次はマスカーで養生をしていきます。
P1000156 P1000161
貼った後は広げて汚れを防止します。

 

P1000163 P1000165
④ファイバーテープをひび割れ防止の為に貼っていきます。

 

P1000167 P1000169
⑤シーラーを漆喰を塗る予定の壁全体に塗ります。
これを塗ることで元の壁のシミや汚れなどが漆喰に出てこないようにします。

 

今日はここまで :-)

さあ!次は実際に漆喰を塗っていきます。
続きをどうぞお楽しみに :-)

 

 

新築、建て替え、
マンション・戸建てなど、リフォーム・リノベーションなどのご相談が承ります。
どうぞ、お気軽にご相談ください。