わたしらしい家|建築工房ピネスト

地震から人も家も守る耐震等級3・制震材「スーパーウォール」

ピネストではスーパーウォール工法を採用し、耐震等級3と優れた制震性を実現します。
硬質ウレタンパネル(スーパーウォール)と制震テープを使用することによって、壁・床・天井の6面体で外からの強い力に耐える「モノコック構造」となり、制震構造ではない家に比べ地震発生時の揺れ幅はおよそ1/2になります。
さらに繰り返しの地震に強く、地震や災害が起きた後も安心して住み続けることができる「家族を守る家」になります。

「制震テープ」
制震テープは、高層ビル用の制震装置に使用されているブチルゴム系素材を
住宅用に加工した粘弾性体のテープです。

「繰り返しの地震に強い」
制震ではない住宅は、大きな地震に遭った後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなります。
それに比べて制震住宅は、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、繰り返しの揺れ、余震にも強さを発揮します。

「建物の変形量を最大約1/2に低減」
地震による建物の揺れ幅の比較では、制震でない住宅に比べ、制震住宅の揺れ幅はおよそ1/2。制震でない住宅が約40mm変位して筋交いが折れるのに対し、制震住宅は約20mmの変位で壁紙が破れる程度の被害という実験結果となりました。
※プランや地震の揺れによって、変形量の低減は異なります。

「家がまるごと制振装置に」
制震装置を部分的に配置する制震住宅とは異なり、建物の構造パネルに制震性能が加わることで、建物の一部に負担がかかることなく、家全体で揺れを抑え、大きな地震に対しても粘り強い住宅を実現することができます。